漢方薬と生き方の相談。がん、鼻炎、蓄膿、胃下垂、食欲不振、肝臓病の相談。漢方医学と生き方を求める相談薬局。自然の理薬局ー鹿児島市

腹満

腹満

腹満には、気の滞り血の滞り水の滞りからの腹満があります。
更にお腹が裏寒(冷え)から来ている腹満か、裏実(熱)から来ている腹満かであります。
腹満といいますから、先ず気の滞りが一番主になります。

よく使用される処方を取り上げてみますと

1. 桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)
  冷え症で胃腸が弱い人で、お腹が張って痛む時に用います。腹部膨満感、しぶり腹があり、下痢や便秘するものに使用します。

2. 桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
  やや体力の低下している人で腹部膨満感、便秘気味で腹が痛み、しぶり腹という人に使用します。
3. 小建中湯(しょうけんちゅうとう)
  虚弱体質で疲れやすく、腹痛、腹満のある人に用い、冷え症、動悸、寝汗、鼻血、手足のほてり、頻尿、神経過敏のある人に使用します。

4. 小柴胡湯(しょうさいことう)
  風邪で長引いたり、慢性病で病が内部に入り、胃腸が損なわれ、食欲不振、口が苦く、吐き気、めまい、微熱が出て、上腹部が張って苦しい状態に使用します。

5. 大承気湯(だいじょうきとう)
  小承気湯(しょうじょきとう)
  調胃承気湯(ちょういじょうきとう)
  一種の緩下剤で口舌が乾いて、腹が張り、熱病で便秘するものに使用します。

6. 温経湯(うんけいとう)
  手のひらがほてり、口唇が乾燥して下腹が冷えて痛む人で、月経不順、月経痛、指掌角化症、主婦湿疹に使用します。

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional